コンテンツにスキップ

Top

Windows の PowerShell で Vi を使う

Windows の PowerShell で Python とかの開発をしているとその場で書き換えたいと思うことが多い。

そんなとき、vi が使えたらなぁ、と思ったので調べた。

Windows版のviを入れる

Windows版のViは以下のサイトにあるのでダウンロードしてインストールする。

vim公式

から、インストーラーである

gvim90.exe

をダウンロードしインストールする。

PowerShellの設定をする

PowerShellの設定ファイルにaliasを設定する。

PowerShellを起動し、$profile と入力すると設定ファイル名が表示される。

1
2
> $profile
C:\Users\(ユーザー名)\Documents\WindowsPowerShell\Microsoft.PowerShell_profile.ps1

表示されるといってもデフォルトではおそらく存在していないので(WindowsPowerShellというディレクトリすらないはず)
新規に作成し、その中に以下のように書き込む。

1
set-alias vi 'C:\Program Files (x86)\Vim\Vim90\vim.exe'

パスは特に指定しなければ上記のパスにvim.exeがインストールされてるはずだが、違ったら合わせる。

んで、PowerShellを再起動したら、viでテキストを編集できるようになる。

.vimrcの場所

Windows版のvimrcは、 ${HOME}_vimrc 。

.じゃなく_なことに注意。

以上!