Skip to content

Top

UbuntuでUbuntuのLive USBの作成する

USBを挿すだけで、PCそのものを書き換えたりせずにLinuxを体験することが出来るLive USBを作る。

なお、Live USBはインストールメディアにも使える。

ここではUbuntu上でUbuntuのLive USBを作る方法を述べる

USB2.0のUSBメモリで作るのが無難

ISOを落とす

ここでは、Ubuntu 16.04を例に出す。
(2019年現在では18.04が正しい。個人的に16.04を使っているだけ)

Ubuntu 16.04 LTS 日本語 Remix リリース

UNetbootinをインストール

1
2
3
$ sudo add-apt-repository ppa:gezakovacs/ppa
$ sudo apt-get update
$ sudo apt-get install unetbootin

USBメモリをFAT32で初期化

USBメモリを初期化する。
USBメモリを挿して、以下のコマンドでどこにマウントされたかを確認。

1
$ sudo df

/dev/sdb1だった場合、以下のコマンドでアンマウントする。

1
$ sudo umount /dev/sdb1

そしてフォーマット。ラベル名はなんでもいい。USBとか。

1
$ sudo mkdosfs -F32 -nラベル名 /dev/sdb1

以下のコマンドでも良い。

1
$ sudo mkfs.vfat -v /dev/sdb1

Live USBの作成

もう一度USBメモリを抜き挿しして、UNetbootinを起動する。

1
$ unetbootin

ディスクイメージのラジオボタンにチェックを入れ、ダウンロードしたisoファイルを指定する。
Ubuntuのみのところは適当に1024MBぐらいの値を入れておく。
これは本来であればリブートしたら消えてしまう情報を残す領域なので、そもそもそんな使い方しないのであれば0MBのままでいい

で、OKを押下。

完成!