コンテンツにスキップ

Top

Ubuntu のタッチパネル操作時にでてくるオンスクリーンキーボードを非表示にする

Ubuntu はタッチパネル操作すると勝手にオンスクリーンキーボードが表示されてうざい。

でも、本来なら設定でオフにできる。

設定→ユニバーサルアクセス→スクリーンキーボード

をオフにすれば良い。

が、なぜかスクリーンキーボードが出続ける不具合が起きているようで困っていた。

Block Caribou というGNOMEの拡張機能を使えば無効にできるのでその方法について述べる。

Block Caribou で オンスクリーンキーボードを非表示にする

GNOMEの拡張機能を使いたい場合、まずは以下をしないといけない。

1
sudo apt install -y chrome-gnome-shell

これをしないで次に進んでも、

1
Although GNOME Shell integration extension is running, native host connector is not detected. Refer documentation for instructions about installing connector.

というエラーがブラウザ上にでて操作できない。

のでまずは chrome-gnome-shell をインストールする。

次に、https://extensions.gnome.org/に遷移する。ブラウザはChromeでもFireFoxでも良いが、さっきいれたのが chrome-gnome-shell という名前だったのでChromeでアクセスした。

Gnomeの拡張機能を有効にするか聞かれるので有効にして、検索窓に Block Caribou と入力。

なぜか、Block CaribouとBlock Caribou 36が出てくるが、面倒くさいんで両方をONにしとく。

これでタッチしてもオンスクリーンキーボードが出てこなくなる。

以上!