コンテンツにスキップ

Top

勉強法・記憶術のまとめ

勉強法や記憶術をまとめています。

なんら奇をてらってはおらず、非常に普通のことしか書いていません。

大学受験や社会人の資格試験向けです。

勉強法まとめ

まず勉強法についてまとめます。

●正しい勉強法

予習をしてから授業を聞いて復習をします。
そして定期的に試験を行い、理解度、記憶定着度を確認をします。

終わり。

以上。

えっ? と思うかもしれませんが、この学校で当たり前に言われている勉強方法が正解勉強法なのです。

そもそもスーパーエリート集団である官僚が国の教育方針としてこの方法を採用しているのです。
これ以上の担保はないでしょう。
これに勝る費用対効果のよい勉強方法を私は知りません。
(低予算で全国画一的に一定の水準の教育を行わなければならないため犠牲にしている部分はあると思いますが)

それぞれの効果について述べます。

●なぜ予習が必要か?

授業についていくため、と、記憶を定着しやすくするため、の2つの理由があります。

予習をしないと、自分にとって何がわからないかがわからない状態で授業を受けることになります。

そのため大事なところを聴き逃してしまったり、質問をし損ねたりすることもあります。

まずは予習をして、自分にとって何がわからないのか、を明確にしましょう。

なお、例外は当然あり、

別に予習なんかしなくても授業いきなり受けてなんの問題もないんですけど?

とかイキる人がいますが、そういう人はそもそもこのサイト来なくていいのでマンガ読んでクソして寝てください。

●なぜ授業が必要か?

いや、教科書読んで内容全部理解できて大事なところとか試験に出るところがわかるんなら正直授業いらないですよね。

頭いいけど学歴が低い人にありがちな、地頭の良い人がよく言う感じのセリフです。

勉強って、理解力と記憶力の両方が必要なんですが、理解力がすごいいい人って、結果的に記憶の妨げになっちゃってるんですよね。

理解力のない人は何度も何度も教科書を読み直すので、結果、記憶に定着するんですが、理解力の高い人は一回読んでわかった気になって、当然覚えてるわけ無いから入試とかで失敗する、というパターンに陥りがちです。

自分は頭悪くないのに、なんで偏差値低いんだろう?と真剣に悩んでいる人は、記憶する努力をしていないからですよ、ということを誰か教えてあげないと、自尊心だけは高い学歴コンプレックスのおじさんになるので注意しましょう。

●なぜ復習が必要か?

主に記憶するためです。

脳は繰り返し入ってくる情報を

大事な情報

と認識し、記憶に留めようとします。

脳は新しい情報を一旦「海馬」に入れます。

海馬に入った情報は時間とともに前頭前皮質や側頭葉後部に移動していきます。
(正確には移動というよりコピーで、コピーが終わって少ししたらコピー元が消える、という挙動のようです)

この情報の移動に必要なのが複数回触れる、ということです。
(もう一つの大きな要素、扁桃体については別途述べます)

何回も触れていない情報は海馬にとどまったまま消えていって終わりです。

予習、授業、そして復習することで3回も情報に触れています。

このように複数回脳に情報を入れることが記憶する上で重要なのです。

●なぜ試験が必要か?

別に試験なんかなくても自分で完全に理解できてかつ繰り返し覚え直す人ならいらないです。

でも多くの人は自分で定期的に記憶を確認しようとしませんし、問題を作るのも大変ですし、忘れます。

なので強制的に試験することが必要なのです。

社会人で独学で資格試験の勉強をしている人は定期的に試験をしてくれる人がいないので記憶がきちんと定着できず不合格になりやすいので注意が必要です。

●ぐちゃぐちゃ言ったが例外はある

なんでも例外はあります。

一回見れば暗記してしまう人や、授業なんか受けなくても教科書読めばわかるよね?という人もいます。

しかしながら他人なんかどうでもいいんです。そういう人もいるんだなぁ、ぐらいで自分にはなんの関係もありません。

このサイトを見ているということは勉強法に自信がないのだと思います。

なら愚直にやるしかないでしょう。よそはよそ、うちはうち、です。

なぜ学校の授業をちゃんと受けても成績が伸びない?

シンプルに教師の質の問題です。

上述したように、予習授業復習試験をきちんと行えば成績は上がります。

問題が発生する可能性があるのは「授業」です。

程度の低い教師による授業によって害を受ける生徒は多いでしょう。

デジタル化の時代、国が選抜した優秀な教師数十名が代表してオンライン授業を行い、現場の教師はその他の雑務や落ちこぼれが出ないようサポートするだけに留めれば、日本で教師格差が生まれなくてよいのですが。

学校の成績は良いのに、模試で良い点が取れないのはなぜ?

今の学校教育では、試験「範囲」に致命的な問題があります。

学校は中間、期末など年6回程度しか試験しません。しかも範囲も狭く、学年が上がると前の学年の勉強範囲の試験は当然行われません。

しかしながら、受験などは3学年分の知識を要求されるわけで、ただ学校の授業を受けているだけだと対応のしようがありません。

本来であれば、1学期は1学期の試験、2学期は1学期と2学期の試験、学年末は1年間すべての範囲の試験を行うべきです。

そして2年次には1年次すべての範囲と1学期の範囲・・・というふうに学校側が試験を行えば良いのですが、残念ながらそうなってはいません。

試験を作る側が大変だからか、生徒の負担を考慮してなのかは不明ですが。できるなら今すぐにでも変えるべきだと思っています。

愚痴をこぼしてもどうしようもないので、自分でやるしかないのです。

定期試験のたびに、今回の範囲だけでなく、前回の範囲を含めて勉強しなおしてから受ける、ということを行っていれば、模試でも問題なく成績はあがるでしょう。

ノートのとり方がわからない

ノート。困りますよね、書き方教わったことないですし、正解も知りません。

私はノートは自作問題集にしています。

授業で大事だと思ったことを問題にしておきます。

また、ノートではなくメモも取ります。

同じように思えますが、メモは板書だったり、なんか気づいたことを適当にぐちゃぐちゃ書いているだけです。

で、それをもとにノートの自作問題を作ります。

メモとノートを明確に分けるのも大事だと思います。一緒にするとごちゃつきますので。

あとメモは基本捨てますが、ノートは受験合格まで大事使って都度見直します。

どの参考書が良い?

基本的には有名所の奇をてらっていない普通のがベストです。特に問題集が充実しているものを選びましょう。

大事なのは参考書をたくさん買わないことです。1冊だけにして、それを何度も何度も読み返しましょう。

複数の参考書に手を出してる人はほぼ不合格になっていると思います。

記憶術まとめ

記憶術についてまとめます。

ちなみにですが、

「記憶」術といいつつ「想起」術

であったりします。

要は覚える術ではなく、思い出す術です。

どっちも同じように思えますが明確に違います。

100回ぐらい漢字を書けば記憶はできますが、いざそれを使いたいときに思い出せなければ意味がありません。
思い出せないってことは覚えてないのでは? と思いますか?

違います

試験のときは思い出せなかったのに、試験の帰り道にふと思い出した、なんてことはありませんか?
あなたの脳は
しっかりと覚えていた
のです。でも試験のときは
思い出せなかった
だけなのです。

脳というHDD内にしっかり記録されていても、試験のときにそれを読み出すことができなければ宝の持ち腐れです。

ここでいう記憶術は思い出すための術、想起術について述べます。

(じゃあ想起術って書けよ、と言われそうですが、想起術でググる人いないので記憶術にしています)

●記憶術の前準備

記憶術を始める前に前準備が必要になります。

例えば数字を語呂合わせで覚えたい場合、その場でパッと思いついたりできる人ならなんの問題もないのですが、そんな頭の良い人このサイト見ないでしょう。

なので、事前に準備をしておきます。0なら輪っか、1なら煙突、など自分なりの変換表を作って。
2桁、頑張って3桁までを作っておくと数字の語呂合わせが容易にできるようになります。

その場その場で記憶術を作ろうとすると勉強が大変になります。まずは前準備をしておきましょう。

それぞれの暗記術に必要な前準備はそれぞれの記憶術の解説項目にて述べますが、概ね以下のとおりです。

・数字変換表 ・

●1文字記憶法

先頭の1文字だけ覚える方法。

その1文字をきっかけに全体を思い出す方法。

●1部分記憶法

全体の一部分だけ覚える方法。(漢字でいうと霰だと散の部分だけ、とか、葵なら天の部分だけ覚えるなど)

その一部をきっかけに全体を思い出す方法。

その他まとめ

勉強の正しい方法や記憶術について述べました。

ここではその他についてまとめます。

●全部を暗記しない

全部を暗記しない。

できうる限り最小限の暗記にしないといけません。

10個覚えないといけないことがあったとして、5個覚えればあとは芋づる式に思い出せそうであれば5個だけ覚えればよいのです。

記憶術覚えたての頃はなんでもかんでも覚えようとしがちですが、ぐっとこらえて最小限の暗記項目に絞り込みましょう。

●なんでも暗記しない

それは覚えなければいけないことですか?

記憶術を使うと暗記が容易にはなります。
が、覚えなくていいことは覚えるべきではないです。

試験にでる可能性のあるところだけを確実に覚えましょう。

試験に出るところって?と思うかもしれませんが、予備校に通っているのであれば教師がここは出る、と教えてくれます。
プロの意見に素直に乗っかりましょう。

独学なら過去問ででたところは当然ですが、頻出している場合は類似の項目も出やすいのでその値をしっかり覚えて、過去問で出たことのない問題は一番後回しにしましょう。

●理解できないものは覚えるのが大変

意味不明なものを丸暗記するのは大変です。

例えば百人一首を覚えるとき、その歌の現代語訳や意味、背景などを知っていれば暗記しやすくなりますが、それらがないとかなり大変なのは解ると思います。

脳の構造上、理解できないものは覚えられないとおもった方が良いです。

●エビングハウスの忘却曲線は気にするな