Skip to content

Top

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)申請

1. はじめに

情報安全確保支援士に登録したときのメモ。大変だったので。

2. 登録後、講習を受けなかったら?

指定の期日までに講習を受けないと登録を取り消されます。
登録が取り消されると、その後、2年間は登録できません。
経過措置対象者は、再登録する際に、再度試験に合格しないといけません。 (情報処理安全確保支援士試験に合格している場合は合格資格は無くならないので、2年経てば無試験で再登録可能)

3. 登録セキスペのメリット/デメリット

3.1. メリット

基本無いです。

しかしながら、IoT投資減税にて、セキュリティの専門家として登録セキスペが挙げられています。

コネクテッド・インダストリーズ税制(IoT税制) (METI/経済産業省)

一定のサイバーセキュリティ対策が講じられたデータ連携・利活用により、生産性を向上させる取組について、それに必要となるシステムや、センサー・ロボット等の導入に対して、特別償却30%又は税額控除3%(賃上げを伴う場合は5%)を措置。

これは今後もこのような案件でこの資格を持っている人間が必要になるかもしれないことを示しています。
会社で必要とされる人材になるかもしれません。

3.2. デメリット

非常に高い講習費用です。3年毎に15万近くかかってしまいます。
よほどのことが無い限り、この資格を保有する理由はありません。

4. 情報処理安全確保支援士申請公式サイト

情報処理安全確保支援士(登録セキスペ)になるには:IPA 独立行政法人 情報処理推進機構

情報処理安全確保支援士

5. 申請

情報処理安全確保支援士登録の手引きを元に、時間の掛かる順番にこなしていきます。

以下は、すべて郵送で請求した場合の例です。

  1. 試験合格証書を探す
  2. 住民票
  3. 郵便局で収入印紙と定額小為替と切手を購入
  4. 本人確認書類のコピー
  5. 登記されていないことの証明書の郵送申請
  6. 身分証明書の郵送申請
  7. 情報処理安全確保支援士申請

6.1. 試験合格書を探す

無いと再発行してもらう必要があり時間がかかるので、まず試験合格書を見つけてコピーしておきましょう。

6.2. 住民票の発行

時間はかからないですが、これの取得が一番最初です。
理由は「本籍地」の記載と「住民票記載の住所」が他の書類の申請時に必要となるからです。
マイナンバーカードがあればコンビニで発行できます。 (この時、本籍地の記載を忘れずに)

6.3. 郵便局で収入印紙と定額小為替、切手等を購入

300円の収入印紙と9000円の収入印紙を購入。
9000円はコンビニにはない(合っても小分け過ぎで貼るのが大変)ので郵便局で購入しましょう。
300円の定額小為替(手数料100円)を購入。
収入印紙と窓口が違うので注意しましょう。

あとは82円切手を4枚購入。(92円のほうが無難と言えば無難)
封筒が無ければ長形3号の封筒を5枚購入しておきましょう。

  1. 本人確認書類のコピー
    免許証の表裏を3部コピー。

  2. 登記されていないことの証明書の郵送申請 10日ほど余裕を持って申請しましょう。

  3. 身分証明書
    本籍地の役所の近くに住んでいなければ郵送になるので時間がかかります。

6.5. 登記されていないことの証明書の郵送申請

登記されていないことの証明書の説明及び請求方法:東京法務局

「登記されていないことの証明書」とは,成年後見制度の利用者を登記(登録)している後見登記等ファイルに登記(登録)されていないことを証明するもので,各種許認可等の申請の際に欠格事由の一つ(成年被後見人・被保佐人等)に該当していないことを証明するため等に使用されています。 ...

  1. PDFに記入し印刷 申請書記載例をよく読みがら、「登記されていないことの証明書」申請用紙をAdobe Acrobat Readerで編集します。
    なお本籍地の記載は不要です。
    また、証明事項は成年被後見人,被保佐人とする記録が無い。にチェックです。

    印刷し、収入印紙300円を貼りましょう。プリンターが無い人はネットプリントをしましょう。

  2. 返信用封筒の準備 長形3号の封筒に82円切手を貼り、住民票に記載されている住所氏名を記載しましょう。

  3. 往信用封筒の準備 申請先は後見登録課です。長形3号の封筒に82円切手を貼り、以下の住所を記載。
    〒102-8226
    千代田区九段南1-1-15
    九段第2合同庁舎4階
    後見登録課 御中

申請書と三つ折りにした返信用封筒を入れてポストに投函。10日以内位に返事がきます。

7. 申請で悩んだ点

8. 終わりに

正直、必要になった時にまた試験を受けるのが一番かと。