Skip to content

Top

Visual Studio Code

CentOS7にVisual Studio Codeをインストールする。

CentOS7 + Visual Studio Code

公式サイトからダウンロードしてインストールする方法

rpmパッケージをダウンロードしてインストールする。

ダウンロードページ:https://code.visualstudio.com/download

1
$ sudo yum install -y code-1.31.1-1549938372.el7.x86_64.rpm

リポジトリを書き換えてインストールする方法

リポジトリを書き換えてインストールする。

1
2
3
4
$ sudo yum update
$ sudo rpm --import https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc
$ sudo sh -c 'echo -e "[code]\nname=Visual Studio Code\nbaseurl=https://packages.microsoft.com/yumrepos/vscode\nenabled=1\ngpgcheck=1\ngpgkey=https://packages.microsoft.com/keys/microsoft.asc" > /etc/yum.repos.d/vscode.repo'
$ sudo yum install -y code

起動

Visual Studio Codeのコマンド名は code。

1
$ code

日本語化

起動後、マーケットプレイスのメニューアイコンをクリックして、検索窓に
Japanese Language Pack for Visual Studio Code
と入力。出てきた日本語化パックをインストールして再起動すればOK。


X11 Forwarding

どうもXmingではVisual Studio CodeのX11 Forwardingが出来ないみたい。

VcXsrvやPuttyを使う方法があるみたいだが未調査。