Skip to content

Top

AndroidのWiFiデバッグ

通常USB接続で行うデバッグをWiFi経由で行えるようにする方法。

前提条件

  • スマホはすでに開発者モードになっていること
  • スマホとPCは同一WiFi上に存在していること

1. スマホとPCをUSBケーブルでつなげる

スマホとPCをUSBケーブルでつなげる。

繋がっていることを以下のコマンドで確認する。

1
2
$ adb kill-server
$ adb devices

2. adbコマンドでtcpipの設定を行う

スマホ側で待ち受けるポート番号を設定する。
一度設定するとスマホを再起動したり、開発者モードを無効にしたりするまでの間有効化される。
ポート番号はデフォルトが5555だが、well-knownポートでなければ別のポート番号でも問題ない。

1
$ adb tcpip 5555

3. USBケーブルを抜く

別に抜かなくても良いが、WiFi経由で接続してる感を出すためにも抜く。

4. adbでconnectする

adbのコマンドでconnectする。

1
$ adb connect スマホのIPアドレス:5555

コネクトが成功するといつものUSBデバッグのように、Android Studio上にデバイスとして表示される。

5. 切断

以下のコマンドで切断できる。

1
$ adb disconnect スマホのIPアドレス:5555

備考

adb tcpip をしてしまうと、スマホの電源をOFFするか開発者モードを無効にするまでの間、同一WiFi上の誰でもその端末にWiFi経由でアクセスできるようになる。

知らない端末がアクセスしてこようとしたらスマホ画面上に接続確認ダイアログが出てくるのでわかるが、念の為、デバッグ作業が終わったら再起動したほうが良い。